今井克己院長

院長 今井克己

■院長の挨拶
「きゆな整形外科医院」を引き継ぎ、平成23年4月1日に「いまい整形外科医院」を開院しました。出身は東京で、医学は千葉大学医学部整形外科および関連病院で研鑽を積みました。整形外科は脊椎・四肢の運動器疾患を扱う診療科ですが、私の得意分野は「手外科」です。昭和57年以降はさまざまな手・肘疾患、末梢神経の疾病・外傷、マイクロサージャリーの技術を使った切断指再接着や組織移植の分野を主体に診療にあたってきました。当院は手術設備を備え、日帰りで対応可能な手術を行っています。すなわち、当院の特徴としては一般整形外科に加え、手外科を中心とした専門性の高い診療と日帰り手術です。  またリハビリ部門では来るべき超高齢化社会への対応として、ロコモティブシンドローム(注)に力を入れております。さらに院内環境は患者様が落ち着いてくつろげる雰囲気を重視し、待ち時間の間は院外での待機が可能で、院内に設置した書籍などで患者様が疾患についての知識を、自ら学べるように配慮しました。また職員一同、常に癒しの心使い忘れぬようなマナー・接遇に心がけております。
(注)ロコモティブ シンドローム(運動器症候群:locomotive syndrome)とは「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。


略歴

資格

ページのトップへ戻る