診療対象疾患
整形外科、リハビリテーション科、手外科、リウマチ科
 当院は運動器の傷病を扱う整形外科です。対象となる器官は骨、関節、背骨、筋肉、腱、神経、血管、皮膚が主となります。美容外科には対応しておりません。
 手や足・四肢の骨折・脱臼・靱帯断裂といった外傷全般、使いすぎなどが原因のスポーツ障害、リウマチなどの関節炎、細菌感染症、軟骨の加齢変化を基盤にした変形性関節症、骨粗鬆症、骨軟部の腫瘍(できもの)、背骨や脊髄の疾患、その他小児の整形外科疾患です。

対応可能な頻度の高い、代表的な疾患です 頚部 頚部痛、肩凝り、寝違い、むち打ち損傷、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚髄症、頚椎後縦靭帯骨化症、斜頚、
腰痛全般、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、側湾症、脊椎圧迫骨折
肩関節 脱臼・骨折、肩関節周囲炎、肩凝り、五十肩、腱板損傷、石灰沈着性腱板炎、変形性肩関節症
肘関節 骨折・脱臼・靱帯断裂、野球肘、離断性骨軟骨炎、上腕骨外側・内側上顆炎、変形性肘関節症
手関節 骨折、脱臼、腱・神経・靱帯断裂、腱鞘炎、キーンベック病、腫瘍性疾患
骨折、脱臼、腱・神経・靱帯断裂、腱鞘炎、腫瘍性疾患、変形性関節症(母指CM関節症、ヘバーデン結節)
股関節 骨折、変形性股関節症、大腿骨頭壊死
膝関節 骨折、靱帯断裂、半月板損傷、変形性膝関節症
足関節 骨折、靱帯断裂、変形性足関節症、アキレス腱断裂、アキレス腱炎
骨折、疲労骨折、足底腱膜炎、外反母趾、陥入爪、巻き爪、母趾種子骨障害、外脛骨障害、タコ、ウオノメ
関節炎 関節リウマチ、痛風、偽痛風
神経疾患 神経断裂、断端神経腫、胸郭出口症候群、手根管症候群、肘部管症候群、正中・尺骨・橈骨神経麻痺、梨状筋症候群、腓骨神経麻痺、モートン病
腫瘍疾患 皮膚・皮下腫瘤、アテローム、ガングリオン、血管腫、神経腫瘍、脂肪腫
代謝性疾患 骨粗鬆症、高尿酸血症
小児整形疾患 成長痛、先天性股関節脱臼、内反足、骨端症
スポーツ障害 疲労骨折、野球肩、野球肘、オスグット病、ジャンパー膝

■リハビリテーション科について
 リハビリテーションでは2名の理学療法士と3名のリハビリ助手が、各疾患の運動療法、物理療法に対応しています。


当院における手術実績
平成23年4月~29年12月まで:530例(556手術)
 

疾患分類

小分類

手術数

外傷

骨折

41 手術

関節靭帯断裂

4

腱断裂

3

腫瘍性疾患(ガングリオン、アテロームなど)

 

156

腱鞘炎・関節炎など

 

242

神経疾患(手根管症候群、肘部管症候群など)

 

91

関節リウマチ、巻き爪、デュピイトレン拘縮、変形性関節症

 

19

*1外傷(肘・前腕・手・手指の骨折や脱臼、関節靱帯断裂、屈筋腱・伸筋腱断裂など)
*2腫瘍性疾患摘出や異物摘出
(ガングリオン、トーフヌカシー、骨腫瘍、脂肪腫、血管腫、グロームス腫瘍など)
*3腱鞘炎、炎症性疾患(ばね指、ドケルバン病、屈筋腱腱鞘炎、化膿性関節炎)
*4神経疾患(手根管症候群、肘部管症候群、後骨間神経麻痺、足根管症候群)
*5その他(関節リウマチの変形、巻き爪など)

■日帰り手術

 当院では入院を必要としない局所麻酔や伝達麻酔(上肢のみの麻酔)の手術を行っております。手術に必要な部位の麻酔だけで、手術終了後は特に問題がなければお帰り頂き、食事が可能です。

 対象疾患は,手の外傷全般(骨折・脱臼・靭帯損傷、腱・神経断裂)、炎症疾患(ばね指、腱鞘炎、リウマチなど)、神経疾患(手根管症候群、肘部管症候群など)、腫瘍(ガングリオンなど)、変形性関節症(変形性手関節症、母指CM関節症など)、アキレス腱断裂、陥入爪など

日帰り手術は入院手術に比べて、患者さんの金額的負担を抑えることが可能です。